勤怠管理で出社時間を管理する

毎日違うことをすることが多いか、同じことをすることが多いかです。結構同じことをする人が多いことがわかります。習慣化の言葉がある通り、ある程度習慣のように行うことがあります。朝に起きる時間、朝食をとる時間、家を出る時間などが同じなのです。テレビを見ていてある時間に出たり、あるコーナーになったら出るように決めているのかもしれません。こういった人はどうなるかです。勤怠管理をすることで出社時間を管理することがあります。出社時間に関してはまず遅刻していないかを見ます。それ以外に何時何分に来ているかです。9時が始業なら9時を超えなければいいのですがそうでもありません。遅刻をする傾向のある人を見ると普段から8時55分以降に出社しているのがわかります。何かあると遅刻になってしまうのです。そういった人にもう少し早く来るように伝えます。

勤怠管理は公平な評価で必要なもの

優秀な社員もいれば少し能力の劣る社員もいます。会社としては全ての人が優秀であって欲しいのですが、なかなかそうはいきません。このときにあってはならないこととして評価が不公平になることです。能力のある人が評価されず、能力が劣る人のほうが評価されているとすれば会社内において問題が出てきます。場合によっては能力のある人の流出にもつながることなので気をつけなければならないことです。勤怠管理をすることで公平な評価を実現します。労働時間が多ければ給料が高くなる仕組みだと無駄に残業をする人が増えてしまいます。残業代は支払うものの、それとは別に評価をする仕組みを作ります。無駄に残業をしているとその分賞与などが評価されなくなるような仕組みです。労働時間だけでなく、成果の部分の評価もしなければいけませんが、企業に求められているところです。

勤怠管理を正確にするには使用者と労働者の目視管理

一人の管理者が複数の部下を管理することがあります。会社の組織はそのようにして多くの人の管理を行っています。部下のいない人から、管理をする人、管理をする人を管理する人などで一番上には社長がいます。それぞれからの報告を持って、社長が全ての社員の管理ができるようになります。労働者の勤怠管理を行う上では、正しい時間管理がされなければいけません。それをどのようにするかです。一般的にはタイムカードとタイムレコーダーを用いるものが行なわれています。一見きちんと出来ているようですが、実質は労働者のみで行っています。使用者は必ずしも打刻する場に立ち会っていません。場合によっては誰かが別の労働者のタイムカードを打刻するようなケースもあるとされています。いかにそれをなくすかが必要で、ICカードなどを利用して代わりに打刻できない仕組みを使うことがあります。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*